不安神経症と『メイラックス』・『ソラナックス』効果・副作用・注意点

不安神経症で精神科や心療内科を受診すると、「薬物治療」が中心となることがほとんどです。

その際に処方されるのが精神安定剤や睡眠導入剤です。

これらの精神科治療薬は、一定の効果はあるもののデメリットも多く、また取り扱いも簡単ではありません。

利用方法を間違えてしまうと不安神経症の改善どころか、さらに状態が悪くなることもあるため注意が必要です。

ここでは、精神科でよく処方される『メイラックス』と『ソラナックス』を例に挙げ、精神病治療薬の効果や副作用、注意点などを解説しています。



不安神経症には『メイラックス』・『ソラナックス』が処方されやすい

精神科や心療内科ではさまざまな治療薬が使われています。

不安神経症などの症状には、初診の段階から抗不安薬がよく処方されるようです。

最近の抗不安薬は「ベンゾジアゼピン系」といわれる成分がほとんどで、これは不眠症治療に使われる睡眠導入剤と同系統の種類です。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、効き方の強さと作用時間の長さなどによって細かく分類され、医師は患者の症状によって適合させます。ジェネリック治療薬まで合わせるとかなりの種類が存在します。

不安神経症の治療には『メイラックス』や『ソラナックス』が処方されることが多く、成分や作用はほぼ同じで、緊張や不安・筋肉の硬直を取り除く効果があります。

これらの違いは「作用の強さ」「作用時間」で、患者の症状と照らし合わせながら処方されます。


メイラックス・ソラナックスはどんな症状に処方されやすいか

メイラックスやソラナックスは次のような症状がある人によく処方されます。

〈メイラックス・ソラナックス適応症状〉

  • イライラ、そわそわする
  • 怒りっぽい、激昂してしまう
  • パニックを起こす
  • 集中力の低下
  • 神経過敏
  • 筋肉がこわばる、硬直する
  • ストレス性の頭痛
  • めまい、しびれ、けいれん
  • 原因の分からない疲労感
  • 不眠症状

精神状態の悪化の中で、どちらかというと「過敏傾向」のある症状にメイラックスやソラナックスは使われやすいようです。

メイラックス・ソラナックスの容量や作用時間

抗不安薬は”副作用”の心配があったり、比較的長期間使うことが多いことなどから最初は少量から処方されることがふつうです。

メイラックスとソラナックスの容量や作用時間などの特徴も知っておきましょう。

メイラックス錠

  • 成分名:ロフラゼブ酸エチル
  • 容量:1錠1mg、2mg
  • 作用時間(半減期):超長期型・・・90時間以上

ソラナックス

  • 成分名:アルプラゾラム
  • 容量:0.4mg、0.8mg
  • 作用時間:中期型・・・14時間

メイラックスの成分「ロフラゼブ酸エチル」と「アルプラゾラム」は、作用の強さは同じくらいで「中程度」の効き方になります。

しかし、抗不安薬は短期型になるほど作用が強く感じるという性質があるので、処方を考慮するときにもメイラックスの方が先に処方される傾向にあります。

メイラックス・ソラナックスの副作用や注意点について

メイラックス・ソラナックスともに「副作用」は存在します。

これはベンゾジアゼピン系抗不安薬に共通するもので、以下のような症状が現れることがあります。

〈ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用〉

  • 眠気
  • ふらつき
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 食欲がなくなる
  • 喉が渇く
  • 便秘
  • だるい
  • 健忘症
  • 言語障害
  • 肝機能障害
  • 腎機能障害
  • 依存症

など、これらは一気にすべてが起きるのではなく、個人の体質によって副作用にも違いがあります。

ただし「依存症」については多くの人に現れるほか、薬を断薬する際に「離脱症状」が起きることで薬が止めにくくなることがあります。

不安神経症の薬を突然やめたときにでる「離脱症状」とは

抗不安薬は医師によって処方されますが、効果が感じられないことなどで自分勝手に判断して使用法以上の量を飲んでしまうことが少なくありません。

間違った使い方をすると副作用や依存症を強めてしまったり、事故の原因ともなるので最大限の注意が必要です。

抗不安薬の依存性は厚生労働省からも注意喚起されている

これまで抗不安薬の健康リスクは、一部の専門家・研究者によって言われてきました。

しかし、「医療」という言葉は”信用”という面では最も大きく、一般の人は「病院で出しているのだから間違いない」と安易に信じ切ってしまうものです。

最近になり、日本医療の総元である「厚生省」が、病院で出される抗不安薬などベンゾジアゼピン系成分に対して警鐘を鳴らし始めました。

抗不安薬の処方に関して、以下の2点を明記することが義務付けられることが決定しています。

  1. 「承認用量の範囲内でも、薬物依存が生じることがある。漫然とした投与による長期使用を避けること」
  2. 「投与を中止する場合には、徐々に減量するなど慎重に行うこと」

とくに①はこれまでほぼ”野放し”の状態であり、症状に苦しむ患者に求められるまま処方してきたのです。

それによって起きた依存症患者の数は膨大であり、不安神経症の改善以外に薬物依存から抜け出すために新たな努力を課せられてきたのが現状です。

世界的にこの動きはすでに常識となっていて、日本は先進国の中でもかなり遅い対応となっています。

 

現在不安神経症やパニックの症状で悩んでいる人の中には、すでにメイラックスやソラナックスを服用されている人もいるかと思います。

しかし、抗不安薬のリスクに対しては十分に理解しておく必要があるでしょう。

また、こういった薬は対症療法にすぎず、根本を治療できるものではありません。

自分に合うセルフケアを見つけて実践していくことが、薬漬けの毎日から抜け出すための手立てでもあります。

「ストレスケア」「生活習慣の改善」などは個人でも工夫すればすぐにできるものです。

現在ではストレス系に効果を発揮するサプリメントやドリンク剤も多く開発され、ネットなどから簡単に購入することができます。

参考⇒不安神経症の症状を克服する際に活用したいサプリメント

 

また、働き方を見つめ直したり、食事や栄養面にも気を配ることも大切です。

参考⇒不安神経症になったらどう仕事と向き合うべきか

参考⇒不安神経症を克服するうえで取り入れるべき食事や栄養素

〈まとめ〉

  • 精神科では不安神経症治療にメイラックスとソラナックスを処方することが多い
  • 「過敏傾向」にある精神疾患にメイラックスとソラナックスが使われやすい
  • メイラックスとソラナックスには注意しなければならない副作用や依存症がある
  • 抗不安薬の依存症や副作用は厚生省でも注意喚起され始めている


サブコンテンツ