不安神経症と『ルボックス・レクサプロ』効果・副作用・注意点

不安神経症など精神疾患の治療には、古くから抗不安薬が治療に用いられてきました。

抗不安薬は「精神安定剤」の別名でも知られ、徐々に改善されてもきましたが、本質的な疾患の治療には至りませんでした。

そこで新たに登場した向精神薬の1つが「SSRI/選択的セロトニン再取り込み阻害薬」です。

もともと抗うつ剤として処方され始めたSSRIの『ルボックス』『レクサプロ』は、最近では不安神経症などの軽度な精神・神経障害にも用いられます。

このページでは、そんな『ルボックス』や『レクサプロ』の効果や副作用・服用時の注意点などをくわしく解説します。



不安神経症にルボックス・レクサプロが処方されやすい理由

SSRIは、これまでの高ぶった脳と神経を麻痺させることしかできなかった抗不安薬に変わり、脳の神経伝達物質セロトニンに直接作用することで冷静沈着な精神を取り戻し、やる気まで喚起させるという作用をします。

SSRIの薬理である「選択的セロトニン再取り込み阻害」は、人の脳の仕組みの深いところに作用する仕組みです。

脳には「ドーパミン」「ノルアドレナリン」といった神経伝達物質が働いて、人の感情を支配していると考えられており、ドーパミンは喜びや快感、ノルアドレナリンは不安や恐怖・緊張感、またはストレスに対して立ち向かう意欲などを発起させる神経伝達物質です。

そして「セロトニン」は、これらの神経伝達物質の過不足を補い、心を冷静に保つコントロールタワーの役割を持つことから、多くの精神疾患はセロトニンの不足から起きると言われているのです。セロトニンは、分泌後に余剰分をストックする性質があり、この動きは強すぎると脳内全体のセロトニン量が不足することにもなります。

SSRIは、貯蔵庫への”再取り込み”を阻害することで、脳内にたくさんセロトニンを満たして機能を高めようとする目的で使われるのです。

「不安神経症」もまた他の精神疾患と同様に、脳内のセロトニンが不足気味の状態に陥りますから、理論上はSSRIを処方することで改善効果が期待できるということになります。

不安神経症患者に対して精神科医が『ルボックス』や『レクサプロ』を処方することが多いのにはこういった理由があるのです。

また最近では、より副作用の心配が少ないセロトニン対策サプリメントも販売されており、不安感や緊張を感じやすい方に人気があります。

不安や憂鬱におすすめのサプリ【リラクミンSe】の効果と特徴をレビュー

ルボックス・レクサプロの容量や作用時間

ルボックスとレクサプロを処方するとき、患者の症状と効き目に応じて容量が調節されます。

また、ルボックス・レクサプロのようなSSRIは、服用を初めてからほんとうの効果が現れるまで2週間から1ヶ月ほどの時間を必要とします。

そのため、抗不安薬のように「何時間効く」といった規定はありません。

ルボックス錠

  • 25m錠
  • 50m錠
  • 75m錠

【作用時間/半減期】・・・9時間程度

ルボックスは「50mg」が飲み始めの容量で、体重などの個人差はありますが、300mgが最高容量となります。

レクサプロ錠

  • 10m錠

【作用時間/半減期】・・・25時間~28時間

レクサプロの使用開始は5~10mgとなり、最高容量は20mgまでです。

ルボックス・レクサプロの副作用や注意点について

SSRIが開発されて最初に登場したのが『ルボックス』で、現在までも使用されて世界的に普及しています。

SSRI自体の開発もさかんで、副作用などが改善され、現在で「第4世代」です。

そしてもっとも新しいSSRIが『レクサプロ』ということになります。

新しい新薬が開発されても旧世代の治療薬も現役で使われる理由は、実際に処方したときに効果に個人差があり、「旧薬でしか効果が現れない」といったことが起きることがあるためです。


ルボックスの代表的な副作用

  • 不安・焦燥感・イライラ(賦活症候群)
  • 嘔吐
  • 食欲低下
  • 便秘、下痢
  • 眠気
  • 頭痛
  • めまい
  • ふるえ
  • 痙攣
  • 性欲減退
  • 男性器機能障害(ED)
  • 排尿障害
  • アナフィラキシー
  • 緑内障
  • 不整脈
  • 発汗
  • 不眠

ルボックス・レクサプロなどのSSRIは、副作用がほぼ同じ種類のものが現れます。

SSRIの効果と同様に、副作用もまた患者個人での現れ方がかなり違うので、慎重に自分自身を観察しておくことが大切です。

抗うつ薬の服用、中断は必ず主治医に相談する

抗うつ剤SSRIの副作用の中には深刻な症状に陥るようなものもあるため、とくに飲み始めや増量・減薬する際には医師とのコミュニケーションが大切です。
抗精神病薬で注意しなくてはならないのは、「中断」と「断薬」です。

SSRIの場合には抗不安薬のような強い依存性はないと考えられてきましたが、実際に断薬をすると調子が悪くなったりして再度処方するケースも少なくありません。
無理なペースで断薬することで、性格に凶暴性が現れ、暴力事件を起こしてしまったというような事例も米国では頻発しているので、主治医と綿密に相談をすることが大切です。

不安神経症の薬を突然やめたときにでる「離脱症状」とは

 

抗うつ剤SSRIは、もっとも新しいタイプの向精神薬ですが、副作用もあり決して”万能”ではありません。

米国では元SSRI服用者の自殺なども多発しているようなので、危険性も併せて知識を深めていく必要もあります。

他の薬と同様にSSRIも「対症療法」の一つであることを忘れず、食生活を始めとする生活習慣の改善や認知の矯正など根本治療を同時に進めていくことも忘れてはなりません。

〈まとめ〉

  • SSRI(ルボックス・レクサプロ)はうつ病や不安神経症の改善に処方される
  • ルボックスとレクサプロは同じSSRIでも容量や作用時間に違いがある
  • ルボックス・レクサプロは副作用のこともよく知っておく必要がある
  • 抗うつ薬の服用と中断は主治医とよく相談することが大切


サブコンテンツ