不安神経症を抱えたまま働くには?症状を気にせず働ける職場はあるのか

不安神経症になって仕事を休みがちになると、経済的な部分での心配も出てきます。

症状が重くなると仕事は手につきませんし、会社に出勤すること自体が難しくなるケースもあります。

不安感や緊張を抱えながら生活することは大きな負担ですが、これに経済的な悩みまでが加わるとさらにストレスが付加されてしまいます。

近年では、病気が治れば社会復帰をしたいと望む精神病患者のための就職支援制度が整いつつあり、自分に合う職種・職場が見つけやすくもなっているようです。

不安神経症の症状は仕事中に出ることがある

学生ならば学校、主婦ならば家族・親族・近所との付き合いなど、とにかく人が集団を作る場所に不安神経症を発症させる原因は隠れていると言います。

何らかの症状が出ると、平常心ではなくなることで集中力を欠いてミスをしたり、突然強い不安や恐怖を感じて苦しんだり、同僚や上司に態度を勘違いされるなど、経験者でしか知り得ない苦痛を味わいます。

仕事中に起こる動悸や息苦しさ(具体的な症状や対処法)

仕事中のめまい・気持ち悪くなる症状(具体的な症状や対処法)

就職サポートが充実していることも知っておこう

現在ではハローワークの障害者雇用制度や、障害者雇用支援機構、または民間の精神障害者用の就職支援サイトもいくつか存在します。

こういったところで紹介してくれる企業は、精神障害者にある程度の理解がありますので、一般の会社に勤め続けるよりは働きやすいでしょう。

不安神経症の方が働くのには「周囲の理解」が最も大切なことですので、こういった精神障害者用の就職サポートを受けるのは有効な手段だと思います。

精神障害者用の自立医療支援制度を使えば、医療費も3分の1くらいになりますから、通院をしながら就職活動をすることもしやすくなります。

どんな仕事、待遇なら働きやすい?

毎日働く場所を決める上で大切なことは「自分が何に対してストレスを感じていたか」を知ることも大切です。

たとえば「人と接すること」にストレスを感じてしまっていた場合には、なるべく個人で行える職種を見つけることが必要になるでしょう。

営業や企画など、チームプレイが重視される職種では、コミュニケーションを避けることは難しいので、対人恐怖症やあがり症などを併発している場合には再び強いストレスを感じてしまう可能性があります。

こういったケースでは、専門スキルを身につけ一人でコツコツと業務する職種や、最近増えつつある「在宅ワーク」「外注契約」などもストレスを感じにくいワークスタイルだといえます。

また、精神疾患に関連する「医療系の補助業務」をする職種を選ぶ方も多くいます。

こういった職種は、自分と同じ症状に苦しむ人を相手に仕事をすることで、病気への理解も深まり、自分の治療にも役立つというメリットがあります。

不安神経症で休職はアリ?休職に必要な書類や手続きは?

不安神経症になると働くのが難しくなる?対処法は?

【この記事のまとめ】

  • 不安神経症になると経済的な悩みも大きくなる
  • 経済的な悩みが不安神経症を悪化させる原因になることもある
  • 不安神経症はストレスの原因が会社内にあることが多い
  • 公民ともに精神障害者が利用できる支援制度が確立している
  • 不安神経症ならば「コミュニケーションの少ない職種」「在宅ワーク」「精神医療系補助業務」などの職種が働きやすい
  • 現在では精神患者にとって適切な職場で治療と社会復帰を両立している人も増えている


サブコンテンツ