不安神経症に処方されるデパス・パキシルの効果や副作用について  

不安神経症を病院で治療する場合、まずは薬物治療からスタートすることが多いようです。

精神科で処方される薬は即効性があり、症状をスピーディーに抑えることができるからです(あくまで症状を緩和するだけで病気を治すものではない)。

治療薬には非常に多くの種類があり、患者それぞれの状態に合わせて医師が処方します。

処方されやすいのは抗不安薬・抗うつ薬

一般的に「抗不安薬」と呼ばれるものはベンゾジアゼピン系で、有名なものに『デパス』があります。

もう一つは「抗うつ薬」で、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)があり『パキシル』などが有名です。

デパス・パキシルはどんな症状に処方される?

『デパス』は現在の精神科治療においてよく用いられる抗不安薬で、さまざまな症状に処方されています。

適応される症状は以下のようなものとされています。

  • 不安神経症(全般性不安障害)
  • 回避性パーソナリティー障害
  • 社交性不安障害
  • 適応障害
  • パニック障害
  • うつ病
  • ストレス障害全般
  • 不眠症
  • 依存性
  • うつ病

”ストレス”からもたらされる精神疾患のほとんどに、デパスなどのベンゾジアゼピン系が有効だとされています。

もう一つの治療薬『パキシル』も主薬成分の系統は違いますが、デパスとほぼ同じ症状に対して処方されます。

ベンゾジアゼピン系はSSRI系よりも即効性がありますので、いち早く症状を抑えたい初診のときや、発作時などの頓服としても利用されるようです。

デパス・パキシルの効果の感じ方

デパス

デパスなどのベンゾジアゼピン系抗不安薬は、脳の興奮を抑える効果が高いことで知られています。

人の感情を司る神経伝達物質のうち、興奮系のノルアドレナリン・ドーパミンを弱める「GABA」の働きを強化するのです。

これにより、興奮によって引き起こされた「不安感」「恐怖感」などが緩和されます。

作用の体感としては「脱力」「緊張の緩和」「ストレスの消滅」「眠気」などを感じるため、全身が和らぎ肩こりなどが軽減することもあるようです。

パキシル

パキシルは、「抗うつ薬」としてスタートした経緯があり、前述の神経伝達物質の総司令塔的な働きをする「セロトニン」を強化します。

厳密には、「セロトニンを再利用するために貯蔵庫に取り込まれようとする働きを阻害し、脳内のセロトニン値を向上させる」という仕組みでリラックス効果を得るものです。

SSRIはベンゾジアゼピン系のような即効性はなく、数週間から1ヶ月ほどしてから徐々に効果を発揮しはじめます。

作用の体感としては、抗不安薬よりも自然な印象で、不安やうつ症状のみを取り除くような効き方をするようです。

デパス・パキシルの副作用

古くから「精神安定剤」と呼ばれていた治療薬は、常に「副作用の問題」とともに歩んできた歴史があります。

ベンゾジアゼピン系は、それ以前に使われていた「三環系抗うつ薬」などの副作用が大きいものから改良されたものですし、そこからさらにSSRIが副作用を低減させることに成功して普及したと言われています。

ベンゾジアゼピン系とSSRI系は、現在の薬物治療のメインとなる治療薬ですが、残念ながら副作用によって苦しむ人が多くいます。

  • 依存症
  • 離脱症状(断薬したときの副作用)
  • 眠気
  • だるさ
  • 喉が渇く
  • 腎機能低下
  • 肝機能低下
  • 集中力の欠如
  • 記憶力の欠如
  • 嘔吐感
  • 性機能の低下
  • めまい・ふらつき(それにともなう物理的な事故)
  • 肥満

SSRIは、うつ病や不安神経症などの精神疾患全般の救世主的な治療薬として流行しましたが、欧米諸国では多くの副作用による被害が出ていることも事実です。

  • うつ病の悪化
  • 凶暴性の発現による暴力事件
  • 自殺

製薬メーカーと消費者による、多くの訴訟がいまだに続いてることを見ても、これら2つの治療薬が絶対に安全だとは言い切れないということも理解しておきましょう。

食品やサプリメントで栄養摂取する方も増えてきている

不安神経症などの精神医療の分野の研究は日進月歩で進んでいて、脳科学なども加わったことにより、生理学的な解明もずいぶんとできるようになったといいます。

これによって精神疾患に対して有効な成分が、一般の食品や古くから伝わる薬草などにもあることが発見されています。

こういった天然原料から抽出した成分を配合したサプリメントや健康ドリンク剤は、医療薬と比べると副作用の心配がほとんどなく、安全に試すことができるために人気が高まりつつあります。

不安神経症の症状を克服する際に活用したいサプリメント

【この記事のまとめ】

  • デパスは「ベンゾジアゼピン系抗不安薬」、パキシルは「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」
  • デパスは不安症状を抑え即効性がある
  • パキシルは抗不安薬よりも自然な状態で不安や緊張を緩和させる
  • デパス、パキシルは多くの精神疾患に処方される
  • デパス、パキシルともに副作用に苦しむ人が存在する
  • リスクの少ない食品、薬草を原料としたサプリメント、健康ドリンクを選ぶ人も多い


サブコンテンツ