不安神経症になったらどう仕事と向き合うべきか

不安神経症は、男性よりも女性に多く、神経質で不安を感じやすい性格の人がなりやすいといわれています。

不安神経症になる原因は、日常生活の様々なストレスが 重なったり、寝不足や過労、風邪などが引き金となり、発症するといわれています。

仕事中のパニック発作や予期不安

不安神経症の症状としてよく知られているのが「パニック発作」です。たとえ仕事中でも、動悸や呼吸困難、めまい、脱力感、発汗、手足の震えや吐き気まで覚えることもあります。

仕事中のめまい・気持ち悪くなる症状(具体的な症状や対処法)

この発作は長くても20分から30分、長くても1時間位で治まりますが、症状がひどい場合は保健室で長時間休むか、早退する必要も出てくるでしょう。

次にまた発作が起きることを予測して不安になることを「予期不安」といいますが、予期不安からパニック発作を起こしてしまうこともあります。

また、この発作が起きた場所や状況にも不安感を持つことがあり、特定の場所や状況を避けるようになることも多いようです。

あまりにも神経質になると眠れないなどの不眠症状が出たり、症状の克服が遅れることにもつながりますので、考え方や捉え方を変えていく努力も必要です。

不安神経症を自分で治すうえで役に立った3つの考え方と5つの行動

不安神経症と仕事

不安神経症になったら、仕事をどうしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。辞めた方がいいのか、続けた方がいいのかは、その人の置かれている状況によって変わってきます。

仕事の内容、職場の上司や同僚の理解が、あるかないかも重要なポイントです。

そうした状況を良く考えた上で、理解がある職場なら少し休暇を取って、無理をせずに少しずつ、職場復帰を目指すのが理想です。

休職する場合は、心療内科や精神科に行き、休職届をもらう必要があります。

仕事自体が大きなストレスとなって改善が難しい場合は、退職も考えなくてはいけないでしょう。

改善するためには?

一人で悩まず、先ずは病院へ行きましょう。
適切な薬物療法や精神療法を医師と相談しながら行い、仕事とどう向き合うか、アドバイスをもらうこともできます。きちんと専門家の意見を聞くことは、とても大切です。

薬物療法は、抗うつ剤や抗不安剤を用いて、少しでも不安を和らげます。ただし副作用や薬への依存に注意が必要です。

精神療法は、カウンセリングで認知行動療法などで、考え方と行動を修正して不安をコントロールできるようにします。

この方法は、不安神経症にとても有効とされています。
生活習慣を見直し、家族の助けなども借りて、少しでも、症状を改善して、仕事の継続や復帰を目指して行きましょう。

不安神経症を治すにはどのような治療が効果的なのか

自分で対処できないトラウマがあるなら、専門家やカウンセラーに診てもらおう



サブコンテンツ