仕事中のめまい・気持ち悪くなる症状(具体的な症状や対処法)

不安神経症の原因であるストレスは「心で感じる不調」であることが多いですが、長期間続くことで肉体にも症状が現れることがあります。

代表的なものには、「めまい」や「気持ち悪くなる」などの症状があります。

昔ならば、ある程度地位のある管理職の方が「ストレスで胃が痛い」などと訴える場面をよく目にしましたが、最近では若い一般社員にもこのような苦しみをもつ人が増えています。

このページでは、「仕事中のめまいや気持ち悪くなる」といった具体的な症状や対処法などをご説明します。



仕事中の「めまい」「気持ち悪くなる」の症状

仕事中は誰しも少なからずストレスを感じるものです。

大きな仕事に対しての責任感や同僚同士でも成績の競争など、うまく付き合うことができれば自分の将来にとってためになるようなストレスもたくさんあります。

しかし、人間関係の摩擦や「上司に認めてもらえない」「うまく仕事ができない」「怒られてばかりいる」「人前で話をするのが苦手だ」など、自分で自分を追い込んでしまうタイプのストレスは危険です。

いつしかそれが重度の悩みとなり、精神に重荷を背負わせるようになります。

  • フワフワして安定感がない
  • 集中できず意識が遠い感じ
  • 体に力が入らない
  • 吐き気
  • 胃痛
  • 冷や汗
  • 立っていられない

 

ストレスによる緊張がこういった身体的な症状として現れることは少なくありません。

仕事中にめまい、気持ち悪くなる原因と仕組み

こうしたストレスに対してのマイナスな受け止め方は、仕事中の時間すべてを「辛いもの」にしてしまい、酷くなると仕事そのもの、会社そのものがストレスとなってしまいます。

ストレスを抱えている状態のときには交感神経が働き、脳内ではノルアドレナリンやコルチゾールなどのホルモンが分泌されます。

この2つのホルモンが体内に過剰にあると次のようなことが起こり始めます。

  • 血管の収縮による血流の悪化
  • 筋肉群の収縮緊張
  • 心拍数の増加
  • 血流が悪くなることで起きる酸欠・脳内貧血

「めまい」は軽い酸欠状態であり、同じ状態になる高血圧患者にも似たような症状が現れます。
「気持ち悪くなる」というのは、副交感神経が運動をつかさどる胃の運動が適切に行われず、痙攣をおこしたり胃酸を分泌してしまうことが原因だと考えらえれます。

仕事中の「めまい」「気持ち悪くなる」の対処法

仕事中のめまいや気持ち悪くなる症状は「過度な緊張」によるもので、自律神経が大きく交感神経側に偏ることが原因ですから、一刻も早く体を緩めてあげなければなりません。

今回は、物理的な方法を用いる簡単な方法を紹介します。

1.温かい飲み物を飲む

ホットミルクやハーブティーなど、体を温める飲み物を飲むことで体温が上がり心と身体を緩めることができます。
興奮作用のあるカフェインが入ったコーヒーや紅茶などは控えるようにしましょう。

最近では自律神経やこころのバランスを効果的に整えてくれるハーブティーが人気です。以下の記事でくわしくご紹介しています。

ハーブティーで朝の倦怠感と夜の不安を同時に解消しよう。おすすめのハーブティーも紹介します。

2.リラックスグッズを利用する

仕事中に起こる不調には、『気分転換』することも効果的です。

不安感や緊張を抱えた状態では、どうしても視野が狭まり気持ち的にも悪循環に陥ってしまいがちです。

ですから、グッズやアイテムを上手に使ってリラックスやリフレッシュを積極的に取り入れることが有効なのです。

3.セロトニンを活性化させる

脳には「セロトニン」という興奮や緊張をやわらげる作用のある脳内ホルモンが存在します。

セロトニンは日光に当たったり、運動することで活性化する性質があり、過度に高まった交感神経も抑制します。

また、セロトニンは「トリプトファン」という成分から作られますので、トリプトファンが豊富に配合されたサプリメントなどを取り入れると効率よく分泌を促すことができます。

効果的なサプリメントは以下の記事でご紹介していますので、こちらも合わせてご覧ください。

⇒不安神経症の症状を克服する際に活用したいサプリメント

4.ストレッチ

めまいがあるなら座ったままの状態でかまいませんので、首、肩、腰、脚の順にストレッチをして筋肉を緩めていきましょう。
こうすることで停滞していた血流が元に戻り症状が改善することがあります。


【この記事のまとめポイント】

  • 「めまい」「気持ち悪い」といった症状はストレスによる緊張が原因
  • 血流の悪化によって酸欠になりめまいが起きる
  • 交感神経が優位になり胃に痙攣や胃酸の分泌が起きて気持ち悪くなる
  • 体を温める、ストレッチで血流改善、日光に当たりセロトニンを活性化して対処する


サブコンテンツ