不安や心配を和らげる薬の種類や効果、副作用

精神疾患が起こるしくみは、脳の神経伝達物質の分泌や受容体の異常によって引き起こされることが分かっています。

精神科を受診をすると、まずこれらの症状を緩和させる治療薬が処方されるのが一般的です。

しかし、これらの治療薬には必ずと言ってよいほど『副作用』のリスクがあるため、服用する際は医師の指示をよく守り、慎重に使用しなければなりません。

不安や心配を和らげる薬とは?

安心

精神科で処方される「不安や緊張を和らげる薬」を総称して”向精神薬”といいます。

その中には抗うつ剤や睡眠導入剤、抗不安薬なども含まれています。一般的には「安定剤」や「不安薬」「睡眠薬」などと呼ばれているものです。

精神疾患の多くはストレスに関係していて、脳の中のホルモンが異常な動きをして興奮したり落ち込んだりします。

向精神薬はそういった脳内ホルモンのはたらきを調整して効果を発揮します。

薬の種類にはどんなものがある?

不安障害や軽度の不眠症、パニック障害やうつ症状には「抗不安薬」「抗うつ剤」が処方されることが多いようです。

昔は抗うつ薬と抗不安薬は処方される疾患によってはっきりと区別されていたようですが、最近では社会不安障害や自律神経障害などの患者にも、抗うつ剤に分類されるものが出されることもあります。

〈向精神薬の種類〉

抗不安薬

  • デパス
  • リーゼ
  • コンスタン
  • ワイパックス
  • セレナール
  • コンスーン
  • アタラックス
  • メイラックス
  • ソラナックス

上記以外にも多くの種類があり、患者の症状に合わせて調整しながら処方されます。

参考⇒不安神経症と『メイラックス』・『ソラナックス』効果・副作用・注意点

抗うつ剤

  • ルボックス・・・SSRI系
  • パキシル・・・SSRI系
  • デプロメール・・・SSRI系
  • イフェクサー(ベンラファキシン)・・・SNRI系
  • リフレックス・・・NaSSA系

抗うつ剤は新薬として「SSRI」「SNRI」「NaSSA」が有名です。
これらはうつの患者だけでなく多くの精神障害者に用いられています。

参考⇒不安神経症と『ルボックス・レクサプロ』効果・副作用・注意点

気をつけなければない向精神薬の『副作用』

向精神薬に常につきまとうのが『副作用』の問題です。
中には日常生活に大きく影響を与えるほどの副作用がでるケースもあり、製薬メーカーはいかに副作用の少ない薬を開発するかに重点をおいています。

向精神薬の代表的な副作用には次のようなものがあります。

  • 依存症
  • 離脱作用
  • 眠気・だるさ
  • 腎臓・肝臓疾患
  • 集中力と記憶力の低下
  • めまい・ふらつき
  • 体重の増加
  • うつ病の悪化(自殺願望・凶暴性など)

抗うつ剤として一躍有名になったSSRIは日本でも広く普及していますが、米国では甚大な副作用被害がでているようです。

うつ病の悪化による自殺や殺人事件、銃乱射事件の犯人がSSRI製剤を常用していたことも知られています。

高い治療効果を上げる向精神薬ですが、医師の薬に対する知識が不十分であったり、取り扱いを間違えると、取り返しのつかない事態を招くことを十分に知っておかなければなりません。

現在ではこれらの医療薬に変わるような、自然素材の原料を用いたサプリメントに注目が集まっています。

不安神経症の症状を克服する際に活用したいサプリメント

【この記事のまとめポイント】

  • 不安や心配を和らげる薬を向精神薬という
  • 不安障害には抗不安薬・抗うつ剤・睡眠導入剤などが使われる
  • 向精神薬には深刻な副作用の心配がある


サブコンテンツ